野鳥の森ネイチャーウォッチング(4月上旬〜5月中旬のみどころ)

軽井沢野鳥の森を見つめ続けて二十年余り。
森の動植物を知りつくす「ピッキオ」が生き物たちの織りなす驚きの世界へご案内します。
小さなお子様からご年配の方まで、どなたでもお楽しみいただけます。

野鳥の森ネイチャーウォッチング

2017年春のトピック:野鳥に学ぶ愛のカタチ(4月15日~6月18日)

バードウォッチングのベストシーズンは春。その最大の理由は「野鳥の恋の季節だから」です。
春になると、オスは、なわばり争い&メスへのプロポーズのために自慢の歌声を披露します。
オスは恋の勝者になるべく夢中でさえずるので、美しい声と姿をじっくり堪能できます。

キビタキ画像
キビタキ
ツアー画像 オオルリ画像
オオルリ

夫婦それぞれ「野鳥の愛のカタチ」

野鳥の種類によって「夫婦」のスタイルも多様です。ピッキオのスタッフと一緒に森を歩きながら、求愛行動や子育ての様子を観察すれば、思わず人間社会と比べながら、見入ってしまうことでしょう。

“主婦タイプ”
・・・イクメンって何のこと?子育ては完全にメス任せ
ミソサザイ画像
ミソサザイ
 

カップル成立後のオスは、歌う以外に何もしません。

【代表的な鳥】ミソサザイ(美しい歌声とダンスが自慢)

“共働きタイプ”
・・・役割を分担しながらで一緒に子育て
シジュウカラ画像
シジュウカラ
 

巣づくりと卵を温めるのはメス、ヒナへのエサ運びは共同で行います。

【代表的な鳥】シジュウカラ(軽井沢で最もポピュラーな鳥)

“主夫タイプ”
・・・子育ての主導権はオスにあり
アカゲラ画像
アカゲラ
 

巣づくりも卵を温めるのも、ヒナへのエサ運びも、主にオスが行います。

【代表的な鳥】アカゲラ(キツツキの仲間)

拝見!野鳥の巣作り&子育て(4月下旬~6月上旬)

プロポーズが成功したら、次は巣作りと子育てが始まります。

巣箱ライブ シジュウカラが巣材を加えている ピッキオ特性『巣材バー』

ピッキオ特製「巣材バー」

野鳥が巣作りの材料に使う、苔・木の皮・獣の毛などをぶら下げてあります。 くちばしいっぱいに材料をくわえて飛んでいく野鳥の姿を観察しましょう。 さて、どの材料が一番人気でしょうか?

ライブカメラでお宅拝見

巣作り&子育て中の巣箱にライブカメラを設置。 口を大きく開けたヒナたちの微笑ましいようすなどをつぶさに観察できます。


軽井沢野鳥の森で見られる草花たち(4月下旬~6月上旬)

アズマイチゲ
アズマイチゲ
サクラソウ
サクラソウ
エイザンスミレ
エイザンスミレ
シロバナエンレイソウ
シロバナエンレイソウ
ホソバノアマナ
ホソバノアマナ
ヤマエンゴサク
ヤマエンゴサク

【開催期間】

毎日開催
※5月8日〜6月30日は、平日限定『野鳥の森 新緑プラン』もご用意しております。

【時間】 10:00出発12:00まで(毎日)
13:30出発15:30まで(4月〜11月のみ)
【料金】 大人2,100円
4歳〜小学生1,000円
双眼鏡レンタル 1台300円
【対象年齢】 どなたでも(小学生以下のお子様は保護者同伴)
【お申し込み】 原則 予約制
当日空きがある場合、現地にて先着順で受付いたします。(出発30分前から)
※かかとの低い歩きやすい靴でお出かけください。
※歩行距離は約2キロです。
※雷雨、暴風雨等の悪天候の場合は、中止になることがあります。
ご予約はこちら
10:00出発のツアー
ご予約はこちら
13:30出発のツアー
ツアーについてのお問い合わせはこちら

■夏のみどころ

オニヤンマ 子ども達に大人気。トンボの王様オニヤンマ
ヤマグワ 甘酸っぱいヤマグワの実。森の動物にとっても大好物。

■秋のみどころ

カモシカ カモシカは顔一面に草の種子をくっつけて、すっかり種子の運び屋に。
カラマツ モミジの紅葉は10月下旬、カラマツの黄金色に輝く黄葉は11月上旬が見頃。

■冬のみどころ

オオマシコ シベリアから飛来するオオマシコ
目の覚めるような薔薇色はバードウォッチャー憧れの的。
浅間山 雪を戴く軽井沢のシンボル浅間山
  • 春のツアー
  • 夏のツアー
  • 秋冬のツアー
  • ピッキオこども冒険クラブ

ツアーについてのお問い合わせ

Tel 0267-45-7777

学校・団体・グループのお客様へ

ご希望のお時間と内容で、ガイドが軽井沢野鳥の森をプライベートでご案内いたします。趣味の会でのご旅行や社員旅行などの際に、ご利用ください。

プログラム詳細

軽井沢ムササビ日記

ページのトップへ