秘密のフラワーウォッチング

森の春は、足下からやってきます。夏は木々の葉がうっそうと茂る森の中も、春は太陽の光が穏やかに降り注ぎ、たっぷりと光を浴びた花々が我先に咲き競うのです。?春一番のアズマイチゲ、軽井沢"町花"サクラソウをはじめ、ルリソウ、シロバナエンレイソウ、エイザンスミレ、ヒナスミレなど可憐な花々を愛でながら、春の森を散策します。?歩行距離は約2km。森の中のティータイムをはさみながら、のんびりと春のひとときをお楽しみください。

花を愛する方々にささげるツアー

花を愛する方々にささげるツアー

お花見といえば桜が筆頭にあがりますが、春は森のなかでもお花見の季節を迎えます。森の花々は可憐で小さく、その存在に気づきにくいかもしれません。でも、ピッキオのスタッフの案内で森を歩けば、まるで秘密の花園に迷い込んだかのように、たくさんの花々が咲き競っていることに気づきます。

一期一会の花との出会いをサポートします

季節の移ろいと共に姿を変えていく花々との、一期一会の出会いをサポートします。特にスプリング エフェメラル(Spring ephemeral=春の儚さ)と呼ばれる花は、早春のわずかな期間にしか出会えず貴重です。森を毎日歩いて調査をしているピッキオのスタッフだから、見頃を逃さず、ご案内いたします。

花の美しさ その見方が変わります

花の名前はもちろん、色や形に秘められた美しさの意味にも迫ります。例えば、敢えて「咲かない花」をつくるスミレ。性転換するマムシグサ。サクラソウにはよく見ると2種類の異なる花が咲いています。いずれも効率的にタネを残す方法です。そのしたたかさを詳しく聞くことで、花に対する見方が大きく変わります。

ヒナスミレ ヒナスミレ マルバスミレ マルバスミレ ミヤマウグイスカグラ ミヤマウグイスカグラ アブラチャン アブラチャン

【開催日】 2018年4月14日(土)~ 6月3日(日)
【時 間】

13:30出発16:00まで

【料 金】 4,500円(季節のお菓子付き)
【対 象】 大人(小学生の参加はご相談ください)
【定 員】 7名
【服 装】 動きやすいパンツスタイル・運動靴などの歩きやすい靴
【持ち物】 お飲物・帽子
【雨天時】 小雨決行
【お申し込み】 当日11:30までにご予約ください
ウラカタ予約 問い合わせ
  • 春のツアー
  • 夏のツアー
  • 秋冬のツアー
  • ピッキオこども冒険クラブ

ツアーについてのお問い合わせ

Tel 0267-45-7777

学校・団体・グループのお客様へ

ご希望のお時間と内容で、ガイドが軽井沢野鳥の森をプライベートでご案内いたします。趣味の会でのご旅行や社員旅行などの際に、ご利用ください。

プログラム詳細

軽井沢ムササビ日記

ページのトップへ