けもの道ウォーキング

カモシカ、ノウサギ、キツネやイノシシなど、多くの野生動物が息づく軽井沢の森で、動物が踏み固めてできた「けもの道」を歩くツアーです。道なき道を歩きながら、動物たちの食べ跡や糞、木で角を研いだ跡などを観察します。「人の道」を外れることで見えてくるのは、まるでパラレルワールドのように存在する、野生動物の世界です。見えなかったものが見えてくる。世界が変わって見える。そんなおもしろさを体験できます。

けもの道ウォーキング

けもの道を冬に歩く

冬は木々の葉が落ちて見通しがよいので、一年で最も動物の痕跡や姿を探しやすい季節です。無雪期は、夏から秋にかけて蓄積された様々な痕跡を確認できます。積雪期は、雪上にくっきり残された足跡を元に、動物の行動を推理する楽しさがあります。

けもの道ウォーキング

野生動物の楽園で動物の痕跡を探す

ツアーの舞台となる森は、普段は人の出入りがないため、野生動物が頻繁に行き交う場所です。動物達が穴を掘り、木の芽を食べ、水を飲み、木の皮を剥いで体をこすりつけた跡などが次々に見つかります。動物ごとに特徴の異なる糞も、あちらこちらに。動物たちの気配が濃厚に漂い、カモシカやノウサギなど動物そのものに出会うこともあります。

カモシカ
カモシカ。設置した自動撮影カメラを通して、どんな動物がいるのか分かる。
樹上にクマ棚
クマが枝を折ってドングリを食べた跡

クルミの食痕
ニホンリスがクルミの実を食べた跡
水飲み場を覗く
動物たちの水飲み場。コナラの木の窪みに雨水がたまっている。

ゴールグやシューズをレンタル

けもの道では顔に木の枝があたることがあるので、顔や目を保護するために、専用のゴーグルをレンタルします。また、服の汚れを気にせず歩くためのアウトドア用ジャケットも用意しています。

専用ゴーグル写真 <レンタル可能品>

・ 専用ゴーグル
・ アウトドア用ジャケット
・ トレッキングシューズ(積雪期はスノーブーツ)
・ 双眼鏡


プログラム詳細

【開催日】 2017年12月1日(金)~2018年4月8日(日)
※12月5日,1月22日~25日,3月12日,13日を除く
【時間】 13:00出発 16:00まで
【対象】 大人
【定員】 7名(最少催行人数1名)
【料金】 7,000円(税込/専用ゴーグル等のレンタル料を含む)
【服装】 長袖・長ズボン・フリースなどの防寒着・アウトドア用ジャケット・ トレッキングシューズ(積雪期はスノーブーツ)・帽子・手袋
【レンタル可能品】 専用ゴーグル、アウトドア用ジャケット、トレッキングシューズ(積雪期はスノーブーツ)、双眼鏡、帽子、手袋、ネックウォーマー
※数とサイズに限りがあります。
ご予約の際、ご希望のレンタル品の数量(スノーブーツはサイズも)を備考欄にご記入ください。
【雨天時・荒天時】 小雨、小雪の場合は開催します。荒天の場合は中止。
【お申し込み】 3日前16:00までにご予約ください。
【備考】 2日前よりキャンセル料が発生します。
2日前20% 前日50% 当日100%
キャンセルの場合は、必ずご連絡ください。

ご予約はこちら ツアーについてのお問い合わせはこちら
  • 春のツアー
  • 夏のツアー
  • 秋冬のツアー
  • ピッキオこども冒険クラブ

ツアーについてのお問い合わせ

Tel 0267-45-7777

学校・団体・グループのお客様へ

ご希望のお時間と内容で、ガイドが軽井沢野鳥の森をプライベートでご案内いたします。趣味の会でのご旅行や社員旅行などの際に、ご利用ください。

プログラム詳細

軽井沢ムササビ日記

ページのトップへ