たんけん!はじめての森

3-6歳の幼児ファミリー対象

3〜6歳までの子どもたちとご両親の"森あそびデビュー"を応援する自然体験プログラムです。
「子どもに自然体験をさせたいけれど、どうしたらいいのか分からない」。そんな悩みをもつ方でも、無理なく親子で自然に触れることができ、自宅で楽しめるヒントもいっぱいです。

たんけん!はじめての森

プログラムは、一通の手紙から始まります。
「たんけん隊のみなさん、『すーっとする匂いの木』をさが してください。見つからないと、森のおまつりができません。」
リスやネズミなど森にいる動物たちから次々に届くSOSの手紙を解決していくうちに、植物の匂いをかいだり、オタマジャクシを触ったり、五感を使って様々な自然体験を楽しめます。

【開催日】 2017年7月15日(土)~ 8月31日(木)
【時間】 9:30〜11:30
【対象】 3〜6歳の幼児とその保護者
【料金】 大人2,500円, 3〜6歳2,000円
【定員】 20名
【服装】 汚れても良い服装(長袖・長ズボン)・歩きやすい靴
帽子(保護者のみ。お子様には、"たんけん家帽子"をこちらでご用意します。)
【持ち物】 タオル・飲み物・雨天時はレインコート
【雨天時】 雨天決行(荒天時のみ中止)
【お申し込み】 前日17時までにお申し込みください。
【備考】

(1)ごきょうだいで2歳以下のお子様を同伴される場合は、2名以上の保護者の参加が必要です。
(2)歩行距離は2km程度です。
(3) 観察できる生き物は、天候などの状況により変更になる場合があります。

ご予約はこちら ツアーについてのお問い合わせはこちら
このツアーに関するQ&Aはこちら

爽快!マウンテンバイク

爽快!マウンテンバイク

軽井沢の隠れた名所「竜返しの滝」をめざすマウンテンバイクツアーです。
道のりは比較的平坦で、初めてのマウンテンバイクでも安心です。
水辺でのティーブレイクで一息ついた後は、約5kmを駆け下ります。森の風と一体になる爽快感をご体験ください。

ツアーマップ
【期間】 2017年4月15日(土)〜7月14日(金)
【時間】 13:00出発16:00まで
【料金】 7,000円(マウンテンバイクのレンタル料込み・ティータイム付き)
【対象】 大人(小学生の参加についてはご相談ください)
【服装】 動きやすい服・靴(4月は防寒着もご用意ください)
【定員】 6名
【雨天・曇天時】 小雨開催
【お申し込み】 当日11:30までにご予約ください。
ご予約はこちら ツアーについてのお問い合わせはこちら

早朝バードウォッチング

年間約80種類の野鳥が観察される「国設軽井沢野鳥の森」。一年の中で最もバードウォッチングに適しているのが、春の早朝です。 森を知り尽くしたピッキオのスタッフと共に、美しい鳥たちとの出会いを楽しんでみませんか。

春がいちばん!早朝バードウォッチング

青い鳥の宝庫「軽井沢野鳥の森」

青い鳥の代表「オオルリ」は、渓流沿いの森を好みます。ツアーの舞台となる軽井沢野鳥の森は渓流に面し、まさにオオルリ好みの森。同じく青い鳥である「コルリ」も生息し、それらの美しい姿を堪能することができます。

オオルリ・キビタキ 目撃率は94%(2016年)

木々が葉を茂らせる前の春の森は見通しが良いため、普段は葉陰に隠れてしまう野鳥の姿をしっかり観察することができます。野鳥の森を知り抜いたピッキオのスタッフがご案内するので、バードウォッチャー憧れのオオルリやキビタキにも高い確率で出会うことができます。

早起きは三文以上の得

春は野鳥の恋の季節です。特に夜明け直後の森では、オスのなわばり宣言の歌「さえずり」が満ちあふれ、さながら夜明けのコーラスのよう。毎回15~30種もの野鳥の声を楽しめます。また、なわばり争いや求愛行動などの活き活きとした姿も、朝早い時間のほうが見られるチャンスが高くなります。

是非見たい、聞きたい「夏鳥」たち

春に南から渡ってきて、秋まで日本に滞在する「夏鳥」ですが、見つけやすいのは葉が少ない春の短い間です。このチャンスに是非出会っておきたい「夏鳥」を、いくつかご紹介しましょう。

オオルリ

オオルリ
Blue-and-white Flycatcher
軽井沢野鳥の森では、夏鳥の代表選手。オスは川沿いや沢沿いをなわばりにして、梢で良く響くさえずりを披露します。しかも5月前半には、低い場所によく降りてくる!運が良ければ、目の前でその青く美しい姿が見られます。

キビタキ
Narcissus Flycatcher
軽井沢に数多く渡ってくる夏鳥。黄色と黒のコントラストが美しいオスは、なわばり意識が強く、よくケンカをしています。横枝の上にとまって美しい声でさえずりますが、ケンカしている姿を見つける方が多いかも。

キビタキ
コサメビタキ

コサメビタキ
Asian Brown Flycatcher
地味な姿で小声でブツブツさえずる目立たない夏鳥です。横枝の上に地衣類でカモフラージュした巣をつくり、オスは抱卵中のメスに忙しそうにエサを運びます。もし巣を見つけても、観察は手短に済ませましょう。

コルリ
Siberian Blue Robin
軽井沢野鳥の森では、近年、増加傾向の夏鳥です。
5月初めは梢で、その後は茂みの中でさえずります。見つけるのが少し難しいですが、沢沿いの地面で食べ物をさがす姿に出会えれば、その青い姿をゆっくり観察できます。

コルリ
ヤブサメ

ヤブサメ
Asian Stubtail
虫のような「シシシシ・・・」というさえずりを響かせる小さな夏鳥。その声は周波数が高く、高齢になると聞き取りにくくなるとか・・・。声からは位置を特定しにくいですが、足元を歩いていて驚く事もあります。

センダイムシクイ
Eastern Crowned Leaf Warbler
「チヨチヨビー」という独特なさえずりをもつ夏鳥。声はよく聞きますが、枝の間を動き回る緑がかった姿は、なかなか見つけられません。トレードマークになる頭上のすじ模様も、下から見上げるとちっとも見えません。

センダイムシクイ
ノジコ

ノジコ
Yellow Bunting
本州の限られた場所でしか繁殖しない夏鳥ですが、軽井沢野鳥の森には毎年渡ってきます。喉から腹のレモンイエローと、白いアイリングが特徴。開けた場所の梢でさえずる姿や、枝先でさかんに虫をついばむ姿がよく見られます。

【期間】 2017年4月28日(金)〜5月22日(月)
【時間】 5:00〜7:30
【料金】 3,100円
【対象】 大人(小学生のお子様の参加についてはご相談ください)
【服装】 セーターやフリース等の暖かい服装・防寒用の帽子・手袋
かかとの低い歩きやすい靴
※気温が0℃前後まで下がることがありますので、十分に暖かい服装でお出かけください。
【持ち物】 双眼鏡
※レンタル双眼鏡(1台300円)もあります。当日、受付でお申し付けください。
【定員】 20名
【雨天時】 小雨決行・荒天時中止(中止の場合は当日4:30に決定します)
【お申し込み】 前日17:00までにご予約ください。
ご予約はこちら ツアーについてのお問い合わせはこちら

 

  • 春のツアー
  • 夏のツアー
  • 秋冬のツアー
  • ピッキオこども冒険クラブ

ツアーについてのお問い合わせ

Tel 0267-45-7777

学校・団体・グループのお客様へ

ご希望のお時間と内容で、ガイドが軽井沢野鳥の森をプライベートでご案内いたします。趣味の会でのご旅行や社員旅行などの際に、ご利用ください。

プログラム詳細

軽井沢ムササビ日記

ページのトップへ