軽井沢野鳥の森の鳥たち(春から夏)

オオルリオス
オオルリ

春から夏にバードウォッチングを行うには、ゴールデンウィーク前後がおすすめです。新緑もきれいで、渡って来て間もない夏鳥とも出会える時期です
6月にもなると、鳥たちは子育てで忙しくなるうえに、葉が茂り、見つけることが難しくなってきます。

軽井沢野鳥の森で春から夏に見られる鳥は、1年中見られる留鳥のシジュウカラの仲間キツツキの仲間などと春になるとやって来る夏鳥のヒタキの仲間(オオルリ、キビタキなど)やツグミの仲間(コルリ、クロツグミ)などが中心です。

また、日本国内でも一部の地域でしか繁殖しない、ノジコは毎年確認され、6月頃にはカッコウの仲間(カッコウ、ホトトギス、ジュウイチ、ツツドリ)も鳴き回っています。運が良ければ、渡りの途中のサンコウチョウやコマドリなどとも出会えるかもしれません。

種類軽井沢野鳥の森の中でよく見られる場所
トビ
オオタカ
ハイタカ
ノスリ
あずま屋の前の草地など開けた場所の上空
ヤマドリ
キジ
ほぼ全域
ササなどが生えていないところが見やすい
キジバト
アオバト
ほぼ全域
森の奥から鳴き声が聞こえる
フクロウ ほぼ全域
3月末から4月には池の側で見かけることが多い
ヤマセミ 湯川
カッコウ
ホトトギス
ツツドリ
ジュウイチ
ほぼ全域
アオゲラ
アカゲラ
コゲラ
ほぼ全域
イワツバメ 開けたところ(特に星のや軽井沢側)
キセキレイ
セグロセキレイ
湯川周辺、池、沢など水辺
ヒヨドリ ほぼ全域
モズ 開けた場所
カワガラス 湯川、ミソサザイの沢
ミソサザイ 湯川、ミソサザイの沢など
コルリ
トラツグミ
クロツグミ
アカハラ
暗い場所(沢沿いなど)
暗い場所(森の奥)
明るい森
明るい森
ヤブサメ
ウグイス
薮の中
キビタキ
オオルリ
コサメビタキ
明るい森
沢沿い
明るい森
エナガ ほぼ全域
コガラ
ヒガラ
ヤマガラ
シジュウカラ
全域
ゴジュウカラ ほぼ全域
ホオジロ
ノジコ
アオジ
開けた場所
カワラヒワ
イカル
ほぼ全域
カケス
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ほぼ全域

より新しい、詳しい情報はピッキオビジターセンターまでお訪ねください。

 

軽井沢野鳥の森の鳥たち(冬)

軽井沢野鳥の森の鳥たち(冬)

ベニマシコオス
ベニマシコ

冬は木々の葉が落ち、野鳥を見つけやすくなるため、バードウォッチングに最も向いた季節です。

軽井沢野鳥の森で冬に見られる鳥は、1年中見られる留鳥のシジュウカラの仲間キツツキの仲間などと冬になるとやって来る冬鳥のツグミの仲間アトリの仲間などが中心です。

また、日本国内でも一部の地域でしか越冬しない、オオマシコがほぼ毎冬確認され、冬の終わり、2〜3月頃にはヒレンジャクキレンジャクも(年にもよりますが)見られます。

種類軽井沢野鳥の森の中でよく見られる場所
トビ
オオタカ
ハイタカ
ノスリ
あずま屋の前の草地など開けた場所の上空
ヤマドリ
キジ
ほぼ全域
ササなどが生えていないところが見やすい
キジバト ほぼ全域
フクロウ ほぼ全域
3月末ごろには池の側で見かけることが多い
ヤマセミ 湯川
アオゲラ
アカゲラ
コゲラ
ほぼ全域
キセキレイ
セグロセキレイ
湯川周辺、池、沢など水辺
ヒヨドリ ほぼ全域
モズ 開けた場所
キレンジャク
ヒレンジャク
小瀬林道沿いのヤドリギがついている木
カワガラス 湯川、ミソサザイの沢
ミソサザイ 湯川、ミソサザイの沢など
カヤクグリ 開けた場所
ルリビタキ
ジョウビタキ
シロハラ
ツグミ
開けた場所、日当りが良い場所など
エナガ ほぼ全域
コガラ
ヒガラ
ヤマガラ
シジュウカラ
全域
ゴジュウカラ ほぼ全域
ホオジロ
カシラダカ
ミヤマホオジロ
開けた場所
アトリ
カワラヒワ
マヒワ
オオマシコ
ベニマシコ
ウソ
イカル
シメ
オオマシコとベニマシコは開けた場所
他はほぼ全域
カケス
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ほぼ全域

より新しい、詳しい情報はピッキオビジターセンターまでお訪ねください。

この冬も野鳥を観察するネイチャーツアーがございます。
詳しくは季節のネイチャーツアーをご覧下さい。

軽井沢野鳥の森の鳥たち(春から夏)

  • 春のツアー
  • 夏のツアー
  • 秋冬のツアー
  • ピッキオこども冒険クラブ

ツアーについてのお問い合わせ

Tel 0267-45-7777

学校・団体・グループのお客様へ

ご希望のお時間と内容で、ガイドが軽井沢野鳥の森をプライベートでご案内いたします。趣味の会でのご旅行や社員旅行などの際に、ご利用ください。

プログラム詳細

軽井沢ムササビ日記

ページのトップへ