ACCESS

「けもの道ウォーキング」開催中です

1月17日の「けもの道ウォーキング」は、私、大塚がガイドを担当しました。その際にいくつか写真を撮影したので、ツアーの様子をご紹介しましょう。

けもの道ウォーキング」では、森の中で道なき道を彷徨いながら、動物の痕跡を探します。今の時期、例年なら積雪があって動物の足跡があちこちに見られるのですが、今年は積雪ゼロ。1枚目の写真は、わずかに残った雪の上で見つけた、ヤマドリの足跡です。

歩くのはミズナラやクリが多い落葉広葉樹林です。クリの樹上には、何年前のものでしょうか?ツキノワグマがクリの実を食べた時にできた「クマ棚」が残されていました。

 

クマ棚

 

尾根まで登ると、ミズナラの根元にオニグルミの殻が2つ落ちていました。

 

 

ニホンリスの食痕です。彼らはオニグルミの殻を両手で持ち、殻の縫合線を前歯で削って2つに割ります。そして中身を食べるのですが、殻の内側には中身をほじくり出した前歯の跡まで残っていました。

そして、2つに割れた殻が並んでいるのは珍しいことです。大抵、リスは樹上の横枝でクルミの殻をかじるので、食べ終わった殻は「ポイッ」と捨てられて、離ればなれになってしまいます。と、言うことは、低い場所で食べた?

 

 

よく見ると、すぐ隣の木の根の上に、削りカスが落ちています。どうやらリスは、地上10センチほどの木の根の上で、食事を楽しんだようです。

森の中ではあちこちで、カモシカの糞を見つけました。

 

カモシカの糞

 

当然、「カモシカはいないか?」と探す訳ですが、冬枯れの森と同じ色のカモシカを見つけるのは、至難の技です。と、思ったら、30mほど先でガサガサと木の裏に回りこみ、こちらを見つめるカモシカを発見。

 

あっ!あっち向いちゃった・・・

 

カメラを構えると、さっさと奥へと小走りに逃げてしまいました。

そしてツアー終盤、山を降りてくる途中で、ほんの数メートル横の窪地から、突然ヤマドリのオスが飛び立ちました。びっくり仰天しましたが、ヤマドリから見たら「人が来た、こっちに来る、こっちに来る・・・。もう我慢できない!」という感じで、もっとドキドキしていたのでしょう。ちょっと可哀想でしたが、飛び去るヤマドリの長い尾羽がとても印象的でした。

この「けもの道ウォーキング」。毎回カモシカに会える訳ではありませんが、たくさんの痕跡から、動物の気配や暮らしぶりを強く感じることができます。足元が悪いのでちょっと健脚向きですが、動物たちの棲む世界に、そっと足を踏み入れてみませんか?

大塚