ACCESS

秋の落し物

10月に入り、花の種類は一気に少なくなりました。そんな中でもヤマトリカブトは花盛り。つぼみもまだ残っていて、しばらくはその姿を楽しめそうです。

10月8日、環境省から委託を受ける鳥獣保護区管理員の業務として、軽井沢野鳥の森の遊歩道を巡回しました。その際に記録した開花植物は以下の通りです。

草の花:ユウガギク、トネアザミ、ムラサキツメクサ、ヒメジョオン、ハキダメギク、ナギナタコウジュ、メナモミ、シラネセンキュウ、シロヨメナ、セイタカトウヒレン、ヤマトリカブト、ゴマナ、メマツヨイグサ、キツネノボタン、アキノキリンソウ、ノコンギク、セキヤノアキチョウジ、シラネアザミ(見つけた順)

木の花:無し

 

どんぐり池

 

花が少なくなっても、森の中はまだまだ緑の葉に覆われています。しかし地面には、色付いた落ち葉が目立ってきました。遊歩道をゴミ拾いしながら歩いていて、目に止まった落ち葉をいくつか写真に撮ってきました。

 

ヤマブドウ

 

真紅に染まるヤマブドウの葉や…

 

ツタウルシ

 

朱色に黄色が交じるツタウルシ。

 

ヤマグワ

 

すでに茶色く変色したハルニレの上には、1枚の黄色いヤマグワが落ちていました。

 

地面に木の実が落ちているのを見つけると、つい拾い上げたくなりますね。

 

コナラとアブラチャン

 

コナラのどんぐりと、まあるいアブラチャンの種子。どちらも森のネズミたちにはご馳走です。

昨年の秋は、木の実が少ない軽井沢野鳥の森でしたが、今年の秋はあちこちに、クリの実やどんぐりが落ちています。冬を前に、動物たちも一安心ですね。

大塚