ACCESS

「けもの道ウォーキング」でニホンカモシカに遭遇

先日、1月17日の「けもの道ウォーキング」で、ニホンカモシカに出会いました。

このツアーでは、森の中の道無き道に分け入って、動物の痕跡を探しながら歩きます。当日はうっすら新雪が積もってから2日後。雪の上には真新しい動物たちの足跡が残されていました。

 

ネズミの足跡

 

小さな小さな足跡は、野ネズミです。足跡の間に残されたラインは、しっぽの跡。これがネズミの足跡を見分ける決め手です。森に暮らすのは主に「アカネズミ」と「ヒメネズミ」ですが、どちらも寒い冬でも活動して、夜には雪の上を跳ね回っているようです。

 

ノウサギの足跡

 

「けんけんぱっ」と付いているのはノウサギの足跡です。実際にけんけんぱしている訳では、もちろんありません。「けんけん」部分が前足、「ぱっ」部分がうしろ足の足跡です。歩いているウサギは、常に跳び箱を跳ぶように、前足で踏んだ場所より前方にうしろ足を着地させるのです。足跡をたどると、立ち止まってキイチゴ類の枝をかじった跡も残されていました。

他にもキツネやタヌキ、ニホンリス、イノシシなどの足跡を見つけましたよ。ニホンジカやニホンカモシカの足跡もありましたが、これらは足跡だけでは識別が難しいです。

足跡以外にも、秋にクリの木に登って実を食べたツキノワグマの「熊棚」や爪痕、ニホンカモシカの糞など、様々な動物の痕跡を観察しました。そしてツアー終盤、もう森から出ようという場所で、お客様がニホンカモシカを発見したのです。

 

ニホンカモシカ

 

白い毛が多い個体で、背景の曇り空と樹皮の色に紛れ、さらに私からは顔が木の陰に隠れていたので、すぐに見つけられませんでした。ヤギほどの大きさがある動物ですが、森の景色にうまく紛れることができるのです。

ニホンカモシカまでの距離は20m程でしょうか? あちらも我々の存在に気付いて、じっとこちらを見つめています。しかし逃げる様子はありません。ニホンジカやイノシシだったら、「ピャッ」とか「ブヒッ」とか言って一目散に逃げて行くのですが、ニホンカモシカの場合は、すぐ逃げないことが多いです。もちろんケースバイケースで、走って逃げることもあるのですが・・・。この時は結局、私たちがニホンカモシカに見送られながら、その場所を後にすることになりました。

大塚