ACCESS

けもの道をウォーキングしてみると

ピッキオでは12月から「けもの道ウォーキング」を開催しています。年末はあまり雪がなかったのですが、最近の寒さでようやく斜面に雪が残るようになったので、動物の足跡が残っているか様子を見に行ってきましたよ。

1枚目の写真は、木の幹に残された角こすりの痕です。おそらくニホンジカの仕業だと思うのですが、もしかするとニホンカモシカかもしれません。今までのセンサーカメラを使用した調査から、この森は両者に利用されていることがわかっています。

 

 

地面を良く見ながら歩いていると、彼らのコロコロとした糞も見つけることができます。1ヶ所にまとまって落ちているのでニホンカモシカの糞。ニホンジカは歩きながらポロポロと落としていきます。

 

 

足跡は2本のひづめの形が残ります。前足の痕に少しずれて後ろ足の痕が重なるため、どうしても少し不鮮明になってしまいます。ひづめが丸っこいのでニホンカモシカだと思うのですが・・・。

 

 

右から来たキツネの足跡と、右下から来たテンの足跡が交差していました。夜の森で動物たちのドラマが繰り広げられている・・・。想像が膨らみます。

 

 

ここの森にも、熊棚がありました。ツキノワグマがコナラの木に登り、枝を折ってどんぐりを食べた痕です。

 

 

コナラの幹には、ツキノワグマが木に登った時につけた、たくさんの爪痕も残されていました。

けもの道ウォーキング」は4月5日まで開催の予定です。少人数で屋外を歩くツアーですが、手指の消毒と検温、マスク着用の上でご参加をお願いします。

大塚