ACCESS

「けもの道ウォーキング」始まりました

今年も冬期間限定のツアー「けもの道ウォーキング」が始まりました。先日、現地踏査と内容の引き継ぎを兼ねて、スタッフ数人でコースを歩いてきましたよ。場所は国有林に囲まれた、星野リゾートの所有地です。ここにはツキノワグマを始め、たくさんの動物が溜まり水を飲みにくる、不思議なコナラの木があります(1枚目の写真)。以前、ここに集まる動物たちの様子を、過去のブログで紹介したことがありました。

今年の秋はミズナラの実りが良かったこともあり、森の中のあちこちにクマ棚が残されていました。梢に残された枯葉のかたまりのように見えるのがクマ棚。ツキノワグマが木に登って枝を折り、枝先に付いたドングリを食べた痕跡です。

 

クマ棚

 

根元にはツキノワグマが折った枝も落ちています。枝の折られた部位の近くには、爪でしょうか?牙でしょうか?いくつもの傷が残されていました。

 

折られた枝(径約3cm)

 

落ちている枝先には、萎れたまま枝に付いている葉とともに、ドングリの殻斗(帽子)も残されています。

 

ミズナラの殻斗

 

そして周囲をよく探すと、ツキノワグマの落とし物も・・・。

 

でかっ!

 

ヒトとあまり変わらない・・・いや、もう少し太い・・・そう、ツキノワグマの糞です。ツキノワグマは食べたものが割と原形をとどめたまま排泄されるのですが、この糞はよく消化されているように見えます。クリやドングリを食べた時の糞に多い特徴です。

 

糞にまぎれたドングリの殻

 

ツヤツヤのドングリの殻が混じったクマ糞もありました。ツキノワグマは、ドングリを食べる際、器用に殻を選り分けるので、糞には意外なほど殻が含まれていないのです。

 

ツキノワグマの爪痕

 

クマ棚が残されたミズナラの幹には、しっかりとツキノワグマの爪痕も残されていました。

 

クマ棚

 

見上げると、樹上の驚くほど高い場所にクマ棚が残されています。あそこまで登ったの・・・?

 

イノシシの糞

 

ツキノワグマの痕跡の他にも、イノシシやカモシカの糞、幹や枝を体でこすった痕などが見つかりました。

 

ニホンリスの食痕

 

ニホンリスがオニグルミの種子を食べた食痕も、毎年同じ木の根元に残されています。相変わらず、この根の上を食卓として利用しているようです。

今後、雪が積もると動物の糞は埋まってしまいますが、代わって雪上の足跡を観察できるようになります。森の動物たちの息吹が感じられる「けもの道ウォーキング」。是非、ご参加くださいね。

大塚