ACCESS

まずは首輪と手綱をつけましょう!

パピーテストも終了し、ベアドッグたちは生後3ヶ月半となりました。

子犬たちは生まれ育った小屋やドッグランで、母の愛情をたっぷり受け、兄弟姉妹たちとも思う存分に戯れて成長してきました。

あどけなかった顔立ちは、すでに落ち着きと精悍さを帯びてきました。

これからは犬として、そしてベアドッグとして、人間社会で愛され活躍していくために、外の世界の多くの人々、様々な物や空間、他の犬への社会化を図っていかなくてはなりません。

その上で、まずやらなくてはならないこと。

それは首輪とリード(手綱)をつけて、楽しく歩けるようになることです。しかし、カレリア犬は束縛されることが大嫌い!独立心が強い原始的な性質があるため、これらに慣らすのが一苦労です!!

そのような性質を知らず、事を急いで強引に首輪やリードをつけて歩こうとすると大失敗します。しつけや訓練を始められないどころか、信頼関係にも大きな歪みができてしまいます。

これまでブレット(初代ベアドッグ)やタマを育ててきた経験を活かし、決して焦らずに、そして楽しく愉快に、1頭1頭の個性に合わせたやり方で、この最初の試練を乗り越えています。

さあ、リードをつけて落ち着いて歩けるようになれば、いよいよ社会化訓練が始まります!

軽井沢に来られる方は、どこかでお会いするかもしれません。その節はぜひ優しく声をかけ、触れ合ってあげてください!

田中