ACCESS

紅葉が盛りです

軽井沢の紅葉は、今年の猛暑や台風を乗り越え、思いのほか綺麗に色付きました。紅葉の名所である雲場池や星野エリアでは、赤く色付いたモミジの間を散策する方や、写真に収める方で賑わっています。

国設軽井沢野鳥の森はどうでしょう。国有林である野鳥の森は、元々はカラマツの植林地でした。20年ほど前にカラマツの間伐がおこなわれ、日が差すようになった森に様々な広葉樹が生えてきています。その中にはモミジやカエデも含まれていますが、様々な樹種が時期をずらしながら様々な色に衣替えするので、「見渡す限り真っ赤」とはならないのです。

 

10月29日に野鳥の森で撮影

 

赤、黄、緑と様々な色が入り混じり、これはこれで美しいのですが、写真だと目で見た美しさが上手く表現できません・・・。そこで落ち葉だけクローズアップしてみます。

 

コハウチワカエデの紅葉

 

ミソサザイの沢では、堰堤にたくさんの落ち葉が引っかかって、その上を沢水が糸を引くように流れ落ちていました。

 

 

紅葉の季節はあっという間。最後に紅葉するカラマツが、もう森を黄金色に染めています。来週には木々の葉が一気に散り・・・森は冬を迎えます。

大塚