ACCESS

まだキビタキがいました

軽井沢野鳥の森では、カラマツの葉がすっかり黄色くなりました。森の中は随分と葉が落ちて見通しが良くなり、野鳥の姿が見つけやすくなってきましたよ。そこで、望遠レンズ付きのカメラを担いで遊歩道を巡回しました。

 

キビタキ♀

 

低い場所からパッと飛び立って横枝に止まったのは、キビタキのメスでした。キビタキは夏鳥ですから、秋は南に渡る季節です。例年11月初旬まで見られるので、もしかしたら、これが今年最後の確認になるかもしれません。

 

コゲラ

 

マユミの木で、コゲラが実を食べていました。マユミの実は、ピンク色の皮がはじけて、中から赤い実が姿を現します。コゲラはこの実が大好きなようで、細い枝にぶらぶらとぶら下がりながら、その赤い実をついばむ姿が毎年見られます。しかし残念ながら、今回そのぶらぶらした姿は枝に隠れて撮れませんでした。

今日は他にもヒガラやシジュウカラ、ヤマガラ、キバシリなどを見つけましたよ。また、姿は見られませんでしたが、冬鳥のマヒワとウソ、ツグミの声を聞きました。アトリとカシラダカ、シメはすでに今シーズン確認済みです。だんだんと冬鳥が揃ってきました。

大塚