ACCESS

NATURE TOURクマの冬眠期限定
ベアドッグと歩く森さんぽ

開催期間2022年3月12、19、26日、4月2、9日

TOUR INTRODUCTIONツアーの紹介

ツキノワグマと人との共存のために働く犬「ベアドッグ」。
クマには勇敢に立ち向かい、人には優しく穏やかな性質を持つ犬です。
「ベアドッグに会いたい」という声にお応えし、クマが冬眠している季節に合わせて、ベアドッグとふれあい、森をお散歩をしながら、彼らの働きぶりをご紹介するツアーを企画しました。
ツキノワグマの生態に精通しているハンドラー(ベアドッグの飼育兼訓練士)がご案内する、クマの冬眠期限定の特別ツアーです。

POINTツアーの特徴

べアドッグとは

ベアドッグとは、クマの匂いや気配を察知するための特別な訓練を受けた犬(犬種:カレリアン・ベア・ドッグ)です。スタッフの指示に従い、大きな声で吠えたてて、クマを森の奥に追い払うことができます。ピッキオは、2004年にアメリカのベアドッグ育成機関Wind River Bear Instituteから、日本で初めてベアドッグを導入しました。

ベアドッグのお仕事

軽井沢町は「生物多様性の保全」を掲げる町です。
ピッキオは、専門家として2000年から町の委託を受け、「人とクマとの共存」に向けた取り組みを実践してきました。
クマ1頭1頭に発信機をつけて行動を追跡し、人の居住エリアに入る可能性があるクマは、ベアドッグで森の奥へと追い払います。
また、ベアドッグはクマのにおいをキャッチする能力に優れ、発信機がついていないクマがいないか、通学路などをパトロールすることも。
さらに、地域の小学校でのクマとの付き合い方について学ぶ出張授業でも、ベアドッグが親善大使として活躍します。

活動の詳細はこちらをご覧ください。

ベアドッグと一緒におさんぽ

ツアーの前半は、軽井沢における人とクマとの共存に向けた取り組みとベアドッグのお仕事について、ハンドラーが室内にて分かりやすくレクチャーします。
その後、ベアドッグとふれあいながら森をお散歩し、ハンドラーの指示にしっかりと従う職業犬としての働きぶりをご紹介します。
少人数でのご案内なので、本やホームページではご紹介しきれない現場でのよもやま話や、お客様からの「これが聞きたい!」に丁寧にお答えします。

TOUR INFORMATIONツアーの詳細

開催日
2022年3月12、19、26日、4月2、9日
時間
13:30出発〜15:30まで
料金
大 人 6,000円
小学生 4,000円
※税込
対象
小学3年生~大人(小学生のお子様は保護者同伴)
定員
6名
服装
歩きやすい靴、服装、防寒着
気候と服装のページをご覧ください気候と服装
お申し込み
WEBにて要予約(前日15:00まで)
雨天時
小雨決行
荒天時中止(中止の場合は当日11:00までに決定し、中止の場合のみ予約済みの方にご連絡します。)
その他
・ご自身の飼い犬を連れてのご参加はご遠慮下さい。
・本ツアーの売上はツキノワグマの保護管理活動に使わせていただきます。

RESERVE予約

WEB予約(前日15:00まで)
定員に達した場合は、受付を終了いたします。
クマの冬眠期限定 ベアドッグと歩く森さんぽ
予約する

MESSAGE スタッフより

軽井沢の森でベアドッグたちと待っています!

田中 純平

クマの活動期、ベアドッグたちはクマの追い払いやパトロールで引っ切り無しに出動しているため、皆さんとなかなか会うことができません。この機会にぜひベアドッグと一緒に森を歩いてみませんか。きっと彼らが人とクマとの親善大使と言われる理由がわかるはず。