ACCESS

NATURE TOURクマを守るお仕事体験
こどもインターンシップ

子ども
開催期間2018年10月28日(日)/11月4日(日)

TOUR INTRODUCTIONツアーの紹介

 ピッキオでは「人の安全を守ること」「クマを絶滅させないこと」の両立を目指し、1998年からクマの調査や被害対策を行っています。将来を担うこども達にも、野生動物との共存について関心を持ってもらいたいと思い、この秋、小学生を対象にしたお仕事体験プログラムを開催します。
 クマは何を食べているんだろう?クマはどうやって捕まえるんだろう?専門的な調査に遊びの要素を交えた内容で、人と野生動物の共存について楽しく考えます。小学校の調べ学習や、卒業研究にもお勧めです。

POINTツアーの特徴

体験1 電波発信器でクマの居場所を調べる

ピッキオでは、クマに電波発信器を装着し、アンテナを使って行動を追跡しています。「こどもインターンシップ」では、実在するクマの居場所をアンテナで調べる他、スタッフが森に隠しておいた発信器の在りかを、子供たちが見つけ出す、ゲーム形式の体験も行います。

体験2 クマの捕獲罠を設置する

クマを捕獲する罠は、2つのドラム缶をつなげたような形状です。この罠を力を合わせて運び、中にクマの好物であるハチミツを仕掛けます。また、ピッキオのスタッフや子供たちを捕獲したクマに見立てて、バネ秤で体重を計測します。

体験3 糞を分析して食べ物を知る

クマの糞を水で洗い、何を食べていたのかを調べます。すると、野生のサクランボの種子や、草の繊維、クリの実、アリなどが出てきます。食べ物のほとんどは季節ごとの旬の草や実です。糞の分析から、森の豊かさがクマの命を支えていることを実感できます。

体験4 ベアドッグと森をパトロールする

「ベアドッグ」は、クマの匂いを察知する特別な訓練を受けた犬です。人里に近づくクマを大きな声で吠えて追いかけ、森の奥へ返します。アメリカで訓練方法が確立され、日本では、ピッキオだけが飼育しているベアドッグとふれあい、一緒に森を歩きます。

TOUR INFORMATIONツアーの詳細

開催日
2018年10月28日(日)/11月4日(日)
時間
9:00〜15:30
料金
11,000円 ※税込
昼食(お弁当)含む
対象
小学3〜6年生
定員
10名(最少催行人数2名)
服装
気候と服装のページをご覧ください。気候と服装
お申し込み
WEBまたは電話で、1週間前の17:00までに要予約
 参加当日の受付がスムーズなWEB予約をお勧めします。
 お電話で予約された場合、当日の受付にお時間がかかります。
持ち物
・リュックサック・・・全ての荷物を入れて森を歩きます。
・レインウエア(できれば上下セパレートタイプ)
・タオル
・飲み物(水筒やペットボトル)
雨天時
雨天開催。荒天時のみ中止

RESERVE予約

WEB予約(一週間前の10/21または10/28の17:00まで)
電話予約:0267-45-7777(一週間前の10/21または10/28の17:00まで)
定員に達した場合は、受付を終了いたします。
クマを守るお仕事体験 こどもインターンシップ
予約する