ACCESS

ムササビ巣箱をチェックしました

今年も3月15日から、「空飛ぶムササビウォッチング」が始まります。そろそろ準備を始めなくてはなりません。まずは、軽井沢野鳥の森と星野エリアに掛かっているムササビ巣箱が、壊れていないかチェックします。巣箱そのものはもちろんですが、ムササビがいるかどうかを確認する「巣箱カメラ」のチェックが重要です。

現在、ムササビ巣箱は12個あります。それぞれの場所に行って巣箱カメラから延びるコードに電池とモニターをつなぎ、映像が映るかどうかを確認します。

 

 

映りました。そしてムササビが寝ています。よく見ると、尻尾が2本見えます。どうやら2頭寝ていて、1頭は下敷きになっているようです。

 

 

ぐちゃぐちゃです。画面の左下に2つ、右下に1つ、合計3つの頭が見えます。どうやら3頭寝ているようです。

ムササビは通常、1頭ずつ別々に寝ていますが、母親と若い子どもは、一緒に寝ていることがあります。これらの巣箱は、そんな親子が使っているようです。

 

 

こちらの巣箱は、1頭だけで寝ています。たまたま後ろ足で首のあたりを掻いていて、顔がカメラの方を向いてくれました。

結局、6箇所の巣箱で合計10頭(!)のムササビが寝ていました。そして巣箱は全部無事・・・と言いたいところですが、一つだけ、カメラから延びるコードが動物にかじられ、切断されていました。早速、コードを発注しましたよ。来月初めには、修理をする予定です。

大塚