ACCESS

ムササビが出かける時間を調査しています

「空飛ぶムササビウォッチング」が、今年も3月15日から始まります。その準備として、まず3月4日に故障していた巣箱を修理しました。そして3月に入ってからは、ピッキオのスタッフが交代で、毎晩のようにムササビが巣から出かける様子を観察しています。目的は「観察しやすいムササビが誰か見定める」事にあります。

現在、ピッキオでは12個のムササビ用巣箱をかけています。そのすべてにカメラが仕掛けられていて、中にムササビが寝ているかを確認することができます。ムササビは夜に行動して、日の出前に巣に戻りますから、毎朝どこの巣箱にムササビが帰ってきているか確認し、夕方に再び巣から出かける様子を観察するのです。

 

巣箱の中で丸くなって寝ているムササビ

ここ数日は、決まったいくつかの巣箱でムササビが寝ています。そして調査の結果、そのうちのひとつの巣箱のムササビは、出かける時間がとても遅いことが判りました。このムササビは、ツアーでは観察しない方が良いですね。今回、私が観察した日は、毎回比較的早く出かけ、ツアーでもよく観察するであろうムササビに狙いを定めました。

 

大きなしっぽの下で毛づくろい中

 

巣箱カメラから延びるコードにモニターをつなげ、少し離れた場所から巣箱内を観察します。はじめ横倒しになって丸くなっていたムササビが、しばらくすると動き出しました。丸い背中の上にしっぽがかぶさって見えていますが(上の写真)、しっぽの下では盛んに毛づくろいをしています。お出かけ前の身繕いです。そして突然、巣箱の中で立ち上がりました。

 

背伸びして巣箱の穴から顔を出しています

 

画面の下側が巣箱の出入り口です。巣箱から顔を出している様子(1枚目の写真)を、巣箱カメラで見るとこうなります。ムササビはさらに、巣箱の入り口に登って外に身を乗り出しました。

 

お尻としっぽだけ見えてます

 

これを外から見ていると、こんな状態。

 

過度に警戒されないよう、観察には赤いライトを使用します

 

上半身が完全に巣箱の穴から出ています。右側(ムササビからは左側)をじっと見ていますね。

 

 

そして反対側もチェック。近くに天敵などの危険がないか確認しているのでしょう。

 

 

もちろん真下もチェックします。

 

さぁ出かけましょう

 

この直後、ムササビは巣箱から出て、するすると木を登って行きました。そして見事なジャンプで森の闇に消えて行きましたよ。

 

巣箱は空っぽ

 

調査では、滑空した方向やその後の移動ルートも記録します。移動ルートは日々変わりますが、巣箱によっていくつか決まったルートがあるので、それを知っておくことも、ツアーに役立つのです。ツアー開始は15日から。「まだムササビを見たことがない!」という方は是非ご参加ください。もちろんリピーターも大歓迎です。ムササビの滑空は、何度見ても感動しますよ!

 

「空飛ぶムササビウォッチング」の詳細はこちら

 

大塚